虚空碧海 - オリジナル小説

オリジナル小説を掲載しています。

第32話 プラチナ

 あれは——。
 むわりと熱がわだかまり、息苦しささえ感じる薄暮の雑踏の中、遥は行き交う人々のあいだからチラリと見えた人影に目をとめた。軽やかな足取りで縫うように進んでその背中を捉えると、飛びついて肩を抱く。
「おわっ!」
 そんな声を上げて前につんのめったのは、富田だ。
 彼は怪訝に振り向き、至近距離で遥と目が合うと小さく息をのんだ。その一瞬で傍目にもわかるくらい顔が紅潮するが、すぐに気持ちを静めるようにそっと呼吸をして、口をとがらせる。
「おまえな、こんなところで何するんだよ」
「富田の背中を見たら驚かせたくなって」
 遥はふふっと笑う。
 こんなふうに後ろから自然に富田の肩を抱くことなど、昔はできなかった。精神的な話ではなく物理的な話である。富田より背が低く、十センチほど差をつけられたときもあったのだ。
 だが、あきらめかけた高校三年生のときに成長期が訪れた。男子にしては低めの身長をひそかに気にしていたので、富田はともかく、男子の平均身長を超えたことは率直に嬉しかった。
 それまではずっと双子の妹である澪と同じくらいだった。男女の違いがあるのに、顔だけでなく背格好までよく似ていたのだ。富田がいまでも二人を重ねて見ているのはそのせいである。
「じゃ、行こうか」
 遥はぽんと背中を叩いた。
 まんまと驚かされてしまったことがくやしいのだろう。富田はじとりと恨めしげに横目で睨んでいたが、それでも遥に促されると素直に歩き出す。その頬はまだほんのりと熱を帯びているように見えた。

 二人が向かう先は同じである。
 仕事のあといつもの店で飲もうと約束していたのだ。予約時間ちょうどに着くと、落ち着いた雰囲気をまとった壮年の男性店員に、あたりまえのようにいつもの個室へと案内された。
 都心の夜景が見渡せる二人がけのソファに並んで座り、メニューに目を通す。この個室には間接照明しかないため、近づかないと読みづらく、必然的に寄り添うようなかたちになる。
「ねえ、シャンパンをボトルで頼んでいいかな。富田と一緒に飲みたいんだけど」
「俺は何でもいいぜ」
 過去の経験上、聞くまでもなく彼がそう答えることはわかっていた。店員を呼び、先日ホテルで七海と飲んだシャンパンの銘柄を告げる。ついでに料理もいくつか適当に頼んでおいた。
「何かいいことあったのか?」
 店員が出て行くと、富田が不思議そうに問いかけてきた。
 シャンパンのボトルを頼んだことは何度かあるが、いずれも誕生日や就職祝いなど何かしらの名目があったので、今回もそうだと考えたのだろう。まあね、と遥はふっと微笑を浮かべて肯定する。
「実は、七海と結婚することになったんだ」
「えっ?」
 驚くのも当然である。数年にわたって七海にふられ続けたあげく、完全にあきらめざるを得ない状況に追い込まれたことを、彼は知っているのだ。我にかえると心配そうにおずおずと尋ねてくる。
「無理強いしたわけじゃないよな?」
「もちろんだよ」
 先日、武蔵にもほとんど同じことを言われたなと、遥はひそかに苦笑する。この急転直下では疑われるのも仕方がないだろう。ただ、富田はその返事を聞くなり素直に信じたらしく、安堵の息をついていた。

「乾杯」
 冷えたシャンパンを二つのグラスに注ぎ、富田と乾杯する。
 芳醇で濃厚な香りを楽しみながらグラスを傾けると、喉の奥がカッと熱くなるのを感じた。今日は酔いつぶれるわけにはいかないので、飲み過ぎないよう気をつけなければと思う。
「で、どうやって七海ちゃんを説得したんだ?」
「ああ……」
 もともと隠す気はなかったので正直に話していく。もちろん拉致事件に関しては全面的に伏せたし、七海を強引に抱いたことも割愛したが、話し合いの要点はおおまかに伝えたつもりだ。
 聞き終わると、富田はゆっくりとソファにもたれて息をつく。
「お互いに言葉が足りなかったってことか」
「何年もすれ違ってたかと思うとくやしいよ」
「……でも、よかったな」
 寄り添うような優しい声だった。
 遥はきらめく都心の夜景に目を向けたまま、つられるように、安堵するように、ふっと表情を緩めてありがとうと応じた。そして一呼吸おくと、すこし真面目な顔になって言葉を継ぐ。
「富田には本当に感謝してる」
「俺は別に何もしてないけど」
「協力してくれただろう?」
 掲げた左手の薬指には、すっかり馴染んだシンプルなプラチナリングが輝いていた。そして富田の左手にも——彼はそこに目を落とし、その存在を確かめるようにそっと右手の親指で触れた。
「俺はただ指輪をはめてただけでしかないけど、おまえが一途に想いつづけた相手と結婚できるなら、この八年が報われたような気がするよ」
 そう、八年だ。
 大学入学後、女子にまとわりつかれてうんざりしていた遥に、澪が思いつきで突飛な提案したのが始まりである。それを聞いて、遥は嫌がる富田に面白半分で協力させてしまった。まさか八年も続けることになるとは夢にも思わずに。
「やっぱり本当はつらかったよね?」
「いや、そうじゃないけど……」
「人生のいい時期が台無しになったし」
「俺はそんなこと思ってないからな」
 あわてて訴える彼に、遥は横目で淡く微笑んでシャンパンに口をつける。
 自由恋愛する権利を奪われたうえ、同性愛者だと陰口をたたかれたり、遥と別れてほしいと詰め寄られたり、ときには不条理な暴力をふるわれたりと、偽装恋人など彼にはデメリットしかない。
 だが、いくら終わりにしようと提案しても受け入れようとしなかった。それどころか逆に続けようと説得してくる始末である。遥はその自己犠牲的な優しさにただひたすら甘えてきたのだ。
「ほんと富田ってお人好しすぎるよね」
「別に、おまえが思うほどじゃない」
「八年も付き合ってくれたのに?」
「……俺がそうしたかったってだけだ」
「そういうことにしておく」
 遥が軽く笑うと、富田はどこかきまり悪そうな面持ちで目をそらし、グラスに残っていたシャンパンを一気にあおった。遥はワインクーラーに冷やしてあったボトルを取り、空のグラスに注ぎながら言う。
「富田は何か困ってることない?」
「ん、今のところは特にないけど」
「何かあったら遠慮なく言って」
「ああ」
 富田は曖昧にはにかんで答えた。
 彼の捧げてくれた八年は決して安くない。本当は相応の対価を支払うべきだと思っているのだが、彼はどうしても受け取ろうとしない。友情を金で買われるようで抵抗があるのだろう。
 だから彼と同じような方法で返すしかないのだ。頼まれたらどんなことでも可能な限りきくつもりでいる。ただ彼の性格上、あまり遥に迷惑をかけるようなことは望みそうにない。
 彼の八年に見合うだけのものはなかなか返しきれないだろう。それでも親友としてのつきあいを続けていくなかで、自己満足でしかないが、すこしずつでも返していけたらと思っている。
 注ぎ終わると、ボトルをワインクーラーに戻してソファに座り直す。それを待ち構えていたかのようなタイミングで、富田は無造作にテーブルに手を置いたまま、ちらりと横目を向けて尋ねてきた。
「指輪、外さないといけないんだろ?」
「そうだね」
 七海と婚約したからといって勝手に外すのも失礼なので、今日、富田に報告してから外そうと思っていた。当然ながら富田にも外してもらう必要があるのだが——。
「僕が外すよ」
「えっ?」
 信用していないわけではない。
 外してと頼むだけなどあまりにも薄情な気がしたのだ。自分のわがままで八年も嵌めさせた指輪を、自分のわがままで外してもらうのだから、自分が関わるのが筋だろうと結論づけた。
 彼の左手を取り、様子を窺いながらそっと自分のほうへ引き寄せる。明らかに戸惑っているが抵抗する気はないようだ。薬指の指輪をつまみ、すこしずつずらしながら慎重に引き抜いていく。
 外れた——関節で若干もたついたものの、さほど苦労することなくきれいに抜くことができた。そのプラチナの指輪を夜景にかざすように眺めてから、シャンパングラスの足下に置く。
 そうして一息つくと、今度は自らの左手をすっと彼のまえに差し出した。
 その意図を理解したのだろう。彼はごくりと唾を飲み、壊れ物でも扱うかのように優しく手を添えると、プラチナの指輪を丁寧に引き抜いた。それをもうひとつの指輪にそっと寄りかからせる。
 繊細な泡のはじけるシャンパンの下で、一対の指輪はろうそくの灯りを受けてやわらかく輝いた。とても偽装とは思えない雰囲気だ。説得力を求めてプラチナにしたことが功を奏している。
「ふたつとも富田にあげるよ」
「えっ?」
 虚を突かれたように、彼は目をぱちくりさせて振り向いた。
 遥はくすりと笑うと、当惑している彼の左手をもういちど掴み寄せて、外したばかりの二つの指輪をその手のひらに落とした。カチン、とプラチナがぶつかりあって硬質な音を立てる。
「持っててもいいし、捨ててもいいし、売ってもいいし、好きにしてくれて構わない。売ればお小遣いくらいにはなると思う」
「…………」
 黙って話を聞いたあと、富田はゆっくりと手の中にある指輪に目を落とし、そのまま固まったように動かなくなってしまった。
「富田?」
 怪訝に思い、声をかけて覗き込もうとする。
 その動きを察知してか、彼は何でもないのだとアピールするかのように、どことなくぎこちない笑みを浮かべて顔を上げた。手のひらに置かれていた二つの指輪を握り、その手を軽く掲げる。
「もらっとくな」
 そう言い、ごそごそとスラックスのポケットにしまった。
 感傷的になってるのかな——遥はシャンパンに口をつけながら横目を向けて、思案をめぐらせる。八年も続いたことが終わるのだからわからないでもない。片時も外さなかった指輪にも愛着を感じているように見えた。もしかしたら友情の証のように捉えているのだろうか。
「指輪がなくても僕たちは変わらないよ」
「……ああ」
 目が合うと、富田はうっすらと笑みを浮かべて頷いた。
 二人はあらためてシャンパングラスを掲げて乾杯する。いつまでも変わらない友情を誓って。そのどちらの手にもくっきりと残っている指輪の跡が、消えてなくなってしまっても。


INDEX:ひとつ屋根の下
NEXT: 第33話


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yuikomizuhara.blog91.fc2.com/tb.php/335-c80eb21c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

瑞原唯子

Author:瑞原唯子
オリジナル小説を書いています。ファンタジーや年の差恋愛が多いです。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

検索フォーム

ランキング

Twitter

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 虚空碧海 - オリジナル小説 All Rights Reserved.